オーディオ昔話

なにかと忙しく、釣りに行けてません。
釣りネタも無いので、今回は昔はまっていたオーディオの話を書いてみます。
興味の無い方は構わずスルーして下さいね。

十代後半から二十代前半にかけて、オーディオに凝ってました。
今はAV(アダルトビデオとちゃいますよ~)の時代ですけど、V(visual)無しの純粋A(audio)です。

当時は大阪に住んでいたんで、日本橋(でんでんタウン)に毎週のように通ってました。
その中でも特にサウンド寺下っていう店に入り浸ってたんです。
(だいぶん昔に店は無くなってますが)

で、そのサウンド寺下ですが、他の店とは一線を画してました。
出してる音が抜群にいいんです。

2階がオーディオ専門のフロアだったんですが、ここを仕切っているMさん(仮名にします)は、
前にPAをやっていたそうで、本物を聞き分ける耳があったんやと思います。

薦める製品も他の店と全く違ってました。
人気じゃない、メジャーじゃない聞いたことないようなメーカーばかりを薦めるんです。
しか~し、試聴すると音は抜群!

例えば、スピーカーの推しは、KLH,エレクトロヴォイス、MK、コーラル、TANNOYのスタジオモニターなど
当時の人気は、JBL、BOSE、ダイヤトーン、ヤマハなどでしたが、そんなメジャーどころは一切お勧め無し。

実際聴き比べると名機と言われるヤマハの定価10万円のスピーカーよりコーラルの8万円の方が圧倒的に良かったりする訳です。
オーディオ雑誌に乗せられた世間の評価がいかにええ加減なものかよ~く分かりました。
あっ、音の好みもあるかも知れません!と書いて逃げときます ^^;

こんなこともありました。
ある日、サン寺(サウンド寺下)でKLH1と言うスピーカーを試聴してたんです。
20cm径のウーハーが2ヶ付いた3ウェイのトールボーイ型のスピーカーでした。
下の写真のとおり、見栄えのパッとしないスピーカーでした。

画像


でもこれが、エエ音出すんです。サイズを感じさせない堂々とした鳴りっぷりでした。
その周りにも他のスピーカーが並べてあって、KLH1の隣にはJBLの4344が置いてありました。
38cm径のウーハーが付いた4ウエイ、みんなが知ってる最高級品でした。

画像


で、そこに一見のおっちゃんがやって来て一言
「JBLはさすがですね~」
サン寺Mさんが
「今、鳴ってたのはコレ(KLH1)ですよ。」
「えっ、コレですか~!?」

4344はペアで定価134万円、KLH1が25万円。
KLH1も高価ですが、もう100万円払わなくても音質的には満足できるということです。
オーディオは確かに金の掛かる趣味ですが、必ずしも値段と音質は比例しませんね~。

ところが、高音質のKLHもオーディオ雑誌では高い評価はされてませんでした。
「特選」なんて太鼓判を押されているのは、国内のY社、D社など。
サン寺ではケチョンケチョンでしたが…

結局、宣伝費にお金を掛けたメーカーが高評価を受けているとしか思えません。
オーディオ評論家なんてええ加減なもんですわ。
世間の評価なんて信用出来んもんやと思いましたね~

オーディオ業界だけじゃないと思いますよ。
疑問を持って世間を眺めれば、真実も見えてくるのかな~って思いますね。

なんか偉そうに書いてしまいましたが、私が騙されていたってことも考えれますね~ ^^;
ただ、サン寺の推し物を買って後悔したことは無かったです。
それと、そこそこええ音は出してたと思いますね。
所詮、自己満足の世界ですが…

釣り具の世界では、ナントカテスターとか言う人達やメーカーの人達がTVの釣り番組などで自社製品を誉めちぎっているという分かり易い図式なんで、まだいいですね。
変に中立ですみたいな立場の人が評価するとややこしくなる。
もっとも、釣果は釣具よりそれを使いこなす腕で決まるものですからね~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年04月10日 20:13
こんばんは!
昔は実家や友達の家でも大きなオーディオコンポが応接などにあったんですが、今では見かけなくなりました・・・
ゆっくりと音を楽しむ時間の無い忙しいライフスタイルになっているのかもしれませんね!
ミラーマン
2010年04月10日 20:54
teruさん、毎度です。
大きなオーディオコンポってもう流行りませんもんね~
最近我が家では模様替えをして、居間に昔のでっかいコンポを置いたんですわ~
^^;
フグ太
2010年04月11日 13:00
毎度です!私の十代後半~二十代前半はギャンブルオンリーでした もう 飽きたので今は一切やってません

当たり障りなく良い物はネットで調べられますが 本当に良い物はミラーマンさんの様に 自分で何回も足を運んで

知識を身につけないとあきませんね
ミラーマン
2010年04月11日 22:57
フグ太さん、毎度です。
今はネットとか情報が氾濫してますが、その情報が本当に信用できるものかどうか?自分で選り分けるフィルターを持つことが大切。
書きたかったのはそういうことです。
う~ん、なんか説教っぽくなりましたね~ m(__)m
2012年04月02日 21:38
サウンド寺下で一式を購入した者です。

懐かしい話を見つけられて感動してます。
今でも、KLH1は最高のスピーカーだと思っています。
ミラーマン
2012年04月10日 23:42
オカピー156さん、初めまして。
開店休業状態のこのブログですが、コメント頂き嬉しいです。
サン寺通ってましたか~同士ですやん^^;
懐かしいです。
貴殿の記事も拝見させて頂きました。リンクも貼って頂き有難うございます。
KLH1は欲しかったんですが、買えずじまいでした。
エエ音出してましたね~。
サンスイのアンプも持ってましたよ~。
AU-D607やったかな?初めて買ったアンプでした。
サン寺は面白い店でしたね~。
ちょっと他とは違いましたね。
のび~
2012年05月08日 15:14
はじめまして!
”サウンド寺下”で検索したところヒットしたので、懐かしく拝見していました。
私も20年ほど前でしょうか…サウンド寺下さんには良く通っていました。

店員さんが「今、鳴ってるの、どのスピーカーやと思います?」「いい音出てるでしょ~、実はコレなんですよ!」
なんて言いながらエレクトロボイスのちっちゃいスピーカーを指差してた…
なんて出来事が昨日のように思い出されます。

私が勧められたスピーカーはサンスイのSP-1000。
アンプなら当然サンスイは一流ブランドなんですが、サンスイのスピーカーなんて、あまりメジャー(?)じゃなかったですからねぇ。

休日はサウンド寺下に寄ってから、とんかつの「こけし」でお昼を食べて帰るのがお決まりのパターンでした♪

ミラーマン
2012年05月12日 06:37
のび~さん初めまして。
コメント頂きありがとうございます。

のび~さんも常連でしたか。
サン寺懐かしいですね。
EVもエエ音出してました。

なんかサン寺の同窓会みたいになってきましたね~ ^^;

この記事へのトラックバック